明日の主役はワタシ
ハウビー
美肌アイテム
肌の透明感を引き出す5つのポイント☆キレイだね!って言われる美肌の秘訣
透明感のある肌を手に入れたい!そんなときはどんなことに気をつければいいのでしょう?普段の生活で誰でも簡単に取り入れられる5つのポイントをご紹介します。
この記事のHowBガール
常岡珠希
化粧品会社経営、美容講座講師

肌の透明感は、さまざまなアプローチによって引き出すことができます。今回ご紹介するポイントをぜひ毎日の生活習慣にプラスしてみてください。

POINT1
入浴で代謝を促して老廃物を排出

透明感のある肌ケアには、お風呂でしっかり汗を流し、体を温め、代謝を促すことが大切です。

湯船にゆっくり浸かって汗をしっかりかいて老廃物を排出し、古い角層を洗い流すことによって、肌表面のくすみが解消され、透明感のある肌に近づくことができます。

また、肌表面にある血管はとても細いため、体が温まって血流がよくなると、肌に栄養が届きやすくなり、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が促進されるので美肌ケアにも効果的です。


おすすめの入浴剤
ティールズ 入浴剤
Dr Teals(ティールズ) フレグランス エプソムソルト ピンクヒマラヤンソルト ¥1,430(税込) ※本人私物

お風呂に入って、しっかり汗をかきたいときはバスソルトがおすすめ!なかでもティールズの「エプソムソルト」は溶けるのも早く、ベルガモットやオレンジの香りがふんわり感じられ、リラックス効果もあります。


POINT2
質のいい睡眠をしっかりとる

良質な睡眠をしっかりとることも美肌作りに欠かせないポイント。というのも、睡眠中に何度も目が覚めたり、眠りが浅いと、成長ホルモンがきちんと分泌されず、肌の修復機能もうまく働かなくなります。

その結果、ニキビや肌荒れなどのトラブルが起きやすくなってしまいます。


良質な睡眠を促すノンカフェインのホットドリンク
ハーブティー
FORTNUM & MASON(フォートナム・アンド・メイソン) ロイヤルブレンド(カフェイン抜き) 25TB ¥1,728(税込) ※本人私物

質のよい睡眠を促すには、夜の過ごし方にも気をつけましょう。夜、何か飲んでほっとしたいなというときは、ノンカフェインの温かい飲み物がおすすめ。カフェイン入りは、脳が覚醒して寝つきが悪くなってしまいます。

寝る前の飲み物として、カモミールなどのハーブティーがよいといわれていますが、私のお気に入りは、フォートナム・アンド・メイソンの「ロイヤルブレンド(カフェイン抜き)」です。

ノンカフェインだとクセがあったり、どうしても物足りなさを感じるものも多いのですが、ストレートでも濃すぎず薄すぎずで飲みやすく、リラックスしながら紅茶を楽しめます。体の内部から温まり、睡眠への入りもよくなりますよ。


枕元にプラスしたいリラックス効果の高い香り
リネンスプレー
Dr.Vranjes(ドットール・ヴラニエス) フレグランスリネンスプレー MAGNOLIA ORCHIDEA ¥4,180(税込) ※本人私物

リラックス効果を促す香りも快適な睡眠を導くのに役立ちます。就寝する少し前に、お気に入りの香りのリネンスプレーを枕元に1、2プッシュしてみてください。ベッドに入った際、ふわっと香る程度ですが、心地よくすっと眠りにつくことができます。

そして私のお気に入りはこちら!ドットール・ヴラニエスの「フレグランスリネンスプレー MAGNOLIA ORCHIDEA」は落ち着いた爽やかなフローラルの香りです。

フレグランス

POINT3
肌に負担が少ないスキンケアを心がける!

スキンケアでは「肌に負担をかけない」が鉄則です。

どんなにいいものを肌に塗ったとしても、知らない間に肌に負担をかけていたり、塗るときに肌をこすったりしていれば逆効果です。肌の機能が低下して、期待できる変化を感じにくくなることも……。

肌表面がごわついたり、くすんだりすることもあるので気をつけましょう。


汚れがきちんと落とせて、肌にやさしい洗顔料
パルティ 洗顔料
PARTIE(パルティ) リッチクリアクレイウォッシュ ¥5,060(税込) ※本人私物

肌にもっとも負担を与えがちなのが「洗浄」です。洗顔料は汚れを落とす目的で使用しますが、その分、もとから肌内部にある保湿成分や常在菌なども洗い流してしまい、肌の免疫力が低下してしまうこともあります。

私のおすすめはこちら!

洗顔料を泡立てる

「リッチクリアクレイウォッシュ」はクレイ配合の高粘土洗顔で、もっちりした泡で優しく肌を洗うことができます。ハチミツやグルコシセラミドが配合されているので、汚れをきちんと落としつつ、肌のうるおいを損なわないと好評です。


POINT4
季節に関係なく家の中でもUVケア
パルティ クリーム
PARTIE(パルティ) グロウグロスCCベース ¥4,070円(税込) ※本人私物

紫外線予防とブルーライト対策も忘れてはいけません。家にいても窓から紫外線は入ってきますし、年中PCやスマートフォンを使っていればブルーライトを浴びる時間が多くなるので、シミやシワの原因になりやすいのです。

普段からUVカットのクリームなどでケアするようにしましょう。


ステイホーム中でも紫外線予防ができる下地
クリーム テクスチャー

パルティの「グロウグロスCCベース」はSPF25、PA++相当で普段の紫外線対策にぴったり!ブルーライトによる肌老化を防ぐ効果もある、ビルベリー葉エキスが5%以上配合されています。

ほどよいカバー力、ツヤ感が出るクリームなので、ファンデーションの下地としてはもちろん、ノーファンデのときはこれ1本でUVケアをしながら美肌に仕上がる人気のアイテムです。


POINT5
良質な脂質を食べ物から適量摂取!

普段「ニキビができそうだから脂質を避けている」という方は多いのではないでしょうか?

しかし脂質不足になると、肌のうるおいを守ろうと皮脂分泌が過剰になり、かえってニキビを引き起こすことも……。むしろ良質な脂質を適量とることをおすすめします。


間食をするならビタミン、ミネラル、オレイン酸が豊富なナッツ類
ナッツ
TON’S(トン)左から、食塩無添加 アーモンド 95g ¥385(税込)、食塩無添加 カシューナッツ 75g ¥385(税込) ※全て本人私物

アーモンドやカシューナッツ は肌の代謝を促すビタミン、ミネラル、オレイン酸などが多く含まれています。なかでもオレイン酸は一価不飽和脂肪の一種で、体内の細胞を活性化し、乾燥や刺激から肌を守り、ニキビ予防も期待できるといわれています。

もちろんニキビができているときは控えたほうがいいですし、過剰な摂取はNGですが、体に蓄積されにくい脂質なので間食にも最適です。

特に、アーモンドはタンパク質が豊富で、カシューナッツはナッツ類の中でもカロリーが低め。ダイエット中でも安心して食べられます。ただし、フレーバータイプや塩分が含まれているものではなく、できるだけ素焼きタイプを選ぶようにしましょう。

常岡珠希 顔アップ

透明感のある肌を手に入れるには、今回ご紹介したポイントを習慣化させることが近道です。普段の生活に取り入れて、「キレイだね!」と言われる透明美肌を手に入れましょう!


撮影/常岡珠希

※価格は全て編集部調べ

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

RELATED THEMES
関連テーマ記事