明日の主役はワタシ
ハウビー
コスメ
一重、奥二重さんも小粒目にならない!秋冬に合うくすみカラーで色っぽアイメイク♪
暖色系のアイシャドウは、色選びと使い方にコツがあるんです♪一重さん、奥二重さんは、腫れぼったく見えてしまう……と避けていませんか?そこで、小粒目にならないアイメイクテクをご紹介します!ほんのりくすみカラーやあたたかみのあるカラーを使って、知的な色っぽ秋冬メイクをしちゃいましょう♪
この記事のHowBガール
常岡珠希
化粧品会社経営、美容講座講師

くすみ系の暖色は肌なじみが良いのでアイメイクに取り入れやすいカラー。しかし、腫れぼったく見えるなどのお悩みも多いため、下まぶたをうまく使う方法を覚えておくと便利です。

一重さん、奥二重さんにおすすめ!下まぶたメイクのメリット

今季、秋冬のトレンドカラー、くすみ系の暖色を上まぶたに使う場合、色の濃さやのせる範囲を間違えると小粒目に……。くすみが強く出たり、色をのせてもまぶたで隠れてわかりにくかったり、一重さん、奥二重さんにはややハードルの高い色です。

ところが、下まぶたに暖色を入れると、腫れぼったくなりにくいんです!濃淡カラーを目尻側に入れて陰影を出せば、目の縦幅も拡張でき、アイシャドウの色をきちんと見せることもできます。

何かとメリットの多い下まぶたメイクですが、アイシャドウやアイライナー、マスカラの色選びにもポイントがあります。


秋冬らしさを演出!アイシャドウ、マスカラ、アイライナーの選び方

アイメイクに取り入れやすくて、普段使いしやすいのは、こっくりとした深みやあたたかみのあるブラウン系と赤みのあるカラーです。

今回おすすめのアイシャドウパレットは次の2種類。


ITEM1
デカ目効果も高い暖色系!ケイトのデザイニングブラウンアイズ BR-5
ケイト アイシャドウ
ケイト デザイニングブラウンアイズ BR-5 ラテブラウン ¥1,200 (税抜) ※本人私物

ケイトの「デザイニングブラウンアイズ」は、ブラウンベースでトレンドカラーの赤み系やピンク系が入った4色セット。中でも「BR5 ラテブラウン」は今季注目のカラー。

パレットの右から2番目の色、ラテピンクを影色として使うだけで、おしゃれ上級者に見えます♡

ケイト アイシャドウ スウォッチ
左からパレットの並び順にスウォッチ。

ITEM2
くすみ系のこっくりカラーが絶妙!ルナソルのアイカラーレーション 09
ルナソル アイシャドウ
ルナソル アイカラーレーション 09 Modernity Bordeaux ¥6,200 (税抜) ※本人私物
ルナソル アイシャドウ スウォッチ
スウォッチは左からパレットの左上、右上、左下、右下のカラー。

秋冬感のある暖色メイクには、ルナソルの「アイカラーレーション 09」がぴったり!全体的に落ち着いたくすみカラーのセットで、ポイントとなる締め色がこっくりしたタイプを選ぶと良いです。


ITEM3
暖色系のアイシャドウと相性の良いブラウンのアイライナー&マスカラ
アイライナーとマスカラ
上:ケイト ラッシュフォーマーWP(ロング) BR-2 ブラウン ¥1,400 (税抜) ※本人私物
中央:D-UP(ディーアップ) シルキーリキッドアイライナーWP ブラウンブラック ¥1,300 (税抜) ※本人私物
下:D-UP(ディーアップ) スーパーフィットジェルライナー ピーチブラウン ¥1,200 (税抜) ※本人私物

少しだけ抜け感と色っぽさも出したい場合、マスカラとアイライナーは深みのある暖色系アイシャドウと好相性のブラウン系がおすすめです!


暖色を使っても小粒目に見えない秋冬メイク!

今回紹介したコスメを使って2パターンのアイメイクをご紹介します。腫れぼったく見せないコツは、暖色アイシャドウの入れ方。これなら一重さんや奥二重さんも小粒目にならず、抜け感のあるデカ目を演出できますよ♪

HOW TOロゴ

Arrange1
普段のメイクに秋冬らしさ+色っぽさを演出
ケイトのアイシャドウをのせる
ケイトのアイシャドウ
ケイト デザイニングブラウンアイズ BR-5 ラテブラウン

1.上まぶたに軽く陰影を入れます。ブラウンの濃淡カラー、A→B→Dの順にアイホールから目のキワに向かって濃くなるようにのせます。

2.下まぶた全体にベースとしてAをのせます。入れる場所は、笑った時にぷくっと出る涙袋の部分。

3.目尻1/3にBをのせて陰影をプラス。こうすることで自然に横幅が広く見え、色っぽ効果もアップします。

4.Cを黒目の下から目尻に向かってふわっとのせます。たくさんのせすぎると主張が強くなるので、ブラシに軽く取り、ティッシュで押さえてからまぶたに重ねます。


完成です!
ケイト 目元アップ
ケイト まぶた

アイライナーとマスカラは先ほどご紹介したブラウンカラーを使って仕上げました。

POINT!
常岡珠希の顔

上まぶたに暖色を使っていないので、腫れぼったさや小粒感が出にくく、むしろ陰影効果でデカ目効果も期待できます。
ケイトでメイク 顔アップ

上まぶたはベーシックなブラウンで仕上げ、黒目の下のみにこっくりとしたラテピンクをプラスしています。たったこれだけで普段のメイクが秋冬仕様に。


Arrange2
遊び心+秋冬らしい色っぽ系
ルナソルのアイシャドウをのせた目元
ルナソルのアイシャドウ

1.深みをぐっと出すために、Aをアイホールにしっかりめに入れた後、Bを二重幅の少し上くらいまで重ねます。目のキワにCを太めにのせ、色の境目をブラシで上にぼかしグラデーションを作ります。

2.下まぶた全体(涙袋の幅程度)にベースとしてAをのせます。上まぶたほどしっかりのせず、さらっとで十分。あまりのせるとくすみ感が強く出るので注意しましょう。

3.Bを黒目下から目尻までふわっと重ねます。この時、濃く入れすぎないように。

4.Cを下まぶたのキワにのせます。目頭側は少し薄く、黒目下から目尻にかけて少し濃くなるようのせると、野暮ったく見えません。


完成です!
ルナソル 目元
ルナソル まぶた

アイライナーとマスカラは先ほどご紹介したブラウンカラーを使って仕上げました。

POINT!
常岡珠希の顔

Arrange1と同様、上まぶたに暖色を使っていません。下まぶただけにくすみ系の暖色を入れることで、腫れぼったくならず、秋冬らしい雰囲気に仕上げることができます。
ルナソルでメイク 顔アップ

赤みのある高発色カラーを楽しんで、遊び心をプラス♪ベースがくすんだカラーなので秋冬感も感じる仕上がりに。


下まぶたにアイシャドウをのせすぎると、クマのように見えてしまうので、少量ずつ塗る、鏡を少し離してメイクするなど心がけましょう。

程よい下まぶた盛りで、腫れぼったさやくすみ感、小粒仕上がりを気にせず秋冬メイクを楽しんでみてくださいね♪


撮影/常岡珠希

※価格は全て編集部調べ

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

RELATED THEMES
関連テーマ記事