明日の主役はワタシ
ハウビー
剛田亜美ちゃんとカラコン
現役OL直伝!オフィスにもしていけるカラコンでナチュ盛りアイメイク
社会人になりたての頃は、経済的に余裕がないことも多いので、コスメにお金をかけるって難しいですよね。でも、定番のプチプラコスメでもポイントさえ押さえれば、“大人かわいい”メイクができるんです♪そこで現役OLの剛田亜美さんに、オフィスにもしていけるカラコンを使ったナチュ盛りアイメイクを紹介してもらいました♡
この記事のHowBガール
剛田亜美
今回紹介するアイメイクは、職場でも褒められることが多いんです♪真似がしやすいようにプチプラコスメを使っているので、ぜひ読んでみてくださいね♡

カラコンは自然な透明感が出るブラウン♡
ビビリングのカラコン
ViVi Ring(ビビリング) ワンデーブラウン(1箱10枚入り) ¥1,546(税抜)※本人私物

私の場合、クリアレンズだと黒目が小さくて、怒っているような顔に見えてしまうため、カラコンは大事なアイテム!ただ、仕事の場ではあくまで自然な目元になるように、ナチュラルなサイズのブラウン系を使っています。

私がおすすめするビビリングの「ブラウン」は、女優の橋本環奈さんの瞳になれると話題になったカラコン。フチはブラウンですが、メインカラーはベージュ系の柔らかな色合いが特徴です。

ビビリングにはマンスリー(1カ月)タイプもありますが、ワンデーだとタンパク質や脂質汚れのケアが不要なので、普段はワンデーを愛用しています♡

カラコン入れる前と入れた後
上:裸眼
下:ビビリング ワンデーブラウン装着

このカラコンは黒目を一回り大きく見せてくれるので、装着するだけで柔らかい目元を作ることができます。フチも自然なデザインで、オフィスカジュアルなメイクやファッションにぴったりです♪


オフィスにもしていけるカラコンの選び方

・着色直径が大きすぎると不自然な目になるので、13mmくらいまでのサイズを選ぶとナチュラルに見える。

・エアコンに当たると目が乾燥しやすくなるため、乾きに強い低含水タイプがおすすめ。

・レンズの中心の色は明るすぎないブラウンや少しオリーブがかった色だと日本人の瞳の色になじみやすく垢抜けた印象になる♪

・黒を選ぶ場合は、白目が透けないフチが自然なデザインを選ぶ。


王道ブラウンアイメイクに+αで大人かわいく♡

今回使用するコスメ
使用するコスメ
左:エクセル スキニーリッチシャドウ SR06 センシュアルブラウン ¥1,500(税抜)
右上:ラブ・ライナー リキッドアイライナー R3 ダークブラウン ¥1,600(税抜)
右下:アイプチ ビューティ マスカラ ¥1,200(税抜)※全て本人私物

今回は上品に見える微細なラメやパールが入ったブラウン系のアイシャドウをメインに、アイライナーやマスカラもナチュラルなダークブラウンやブラックを使います。

まず、アイシャドウはエクセルの「スキニーリッチアイシャドウ」をセレクト。しっとりめの粉質なので、まぶたにピタッと密着して化粧直しいらず!なかでも「06 センシャルブラウン」は上品なピンクブラウンで1番人気のカラーです。

アイライナーはリキッドタイプのダークブラウン。ラブ・ライナーの「リキッドアイライナー」は程良くコシがあり、筆先が0.1mmと細く描きやすい設計になっています。

マスカラは自分の目に合った一重・奥二重用を使用。アイプチの「ビューティ マスカラ」は、まぶたに隠れたまつ毛の根元に、なぎなた型のスリムブラシがフィットしてくれて、通常のマスカラよりも使いやすいんです。

どのコスメも「にじまない」「落ちない」を意識して買うと、化粧直しが少なく済みますよ♪

HOW TOロゴ

STEP1
ピンクブラウンのアイシャドウで陰影をつけ目の横幅を広げる
エクセルのアイシャドウ
アイシャドウをのせる場所

まずはアイシャドウ!
①パレットの左上の薄いベージュを上まぶた全体に入れた後、右上の薄いピンクを上まぶたの半分(二重幅くらい)までのせます。

②左下のピンクブラウンを上まぶたの目尻側にのせ、右下のダークブラウンをキワ(目頭から目尻まで)に細く入れます。

③下まぶたには、左上と右上の2色を混ぜたカラーを全体的にのせて、右下のダークブラウンを黒目下から目尻に入れ陰影を出します。あえて、目尻の三角ゾーンを埋めないことで、抜け感が出て大人っぽくキレイな目元に♡

POINT!
剛田亜美ちゃんの顔

下まぶたの目尻に入れるアイシャドウは、真横にラインを引く要領で。目尻の三角ゾーンを「く」の字で囲まないことによって、目の横幅が広がって見えます。ただし、下まぶたに入れる暗めの締め色はのせすぎないように。疲れた印象になってしまいます!

STEP2
ダークブラウンのアイラインを引き、ブラックのマスカラで仕上げる
アイラインとマスカラを塗る

アイラインは上まぶたの目尻側のみ、過度にはね上げたりせず、自分の目の形に沿ってすっと引いていきます。色はブラックではなくダークブラウンを使うことで、自然な抜け感を演出できます。

最後に、まつ毛をビューラーでカールさせ、カールキープ力があり、落ちにくいブラックのマスカラを塗って完成です♪

マスカラもブラウン系にしてしまうと、派手に見える場合もあるため、あえてブラックを使用し、くっきりとした目元に仕上げています。

POINT!
剛田亜美ちゃんの顔

下まつ毛にマスカラを塗りすぎるのも派手に見えたり、にじんで汚く見えたりする可能性があるので、軽く塗ってください。にじみやすい人は塗らなくても大丈夫です。
メイク完成顔

社会人になったばかりの方にとって、「大人っぽいメイク」はハードルが高く感じるかもしれません。でも、自分の骨格をよく見て、それを活かしてメイクをすると自然でより美しく見せることができます。

特にアイメイクは、顔で1番目につく部分ですから、今回紹介したアイメイク以外にも、いろんな塗り方を試してみてくださいね♪


撮影/剛田亜美

※価格は全て編集部調べ

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

RELATED THEMES
関連テーマ記事