明日の主役はワタシ
ハウビー
体重計
[美容Q&A]韓国でも大ヒット!自宅でできる痩せホルモン注射「GLP-1」とは?
糖質やカロリー制限、運動も特に必要としない「ラク痩せダイエット」が人気です。なかでも韓国で火がついて、日本でも話題になっているのが痩せホルモン「GLP-1」に着目したダイエット。一体、どんな方法なのか、痩せるメカニズムから副作用や効果の持続性まで専門医に聞きました。
Q&Aロゴ

Question1
悩む女性

ダイエットをしても長続きしません。韓国では「サクセンダ」と呼ばれる注射ダイエットが人気のようです。日本でも最近、いろんなクリニックで扱っていますが、これはどんなダイエットで、どういう人におすすめなんでしょうか?


Answer1

「サクセンダ」は欧米では肥満治療薬に使われており、安全性の高い薬とされています。

「サクセンダ」に配合されている「リラグルチルド」が、痩せホルモンと呼ばれる「GLP-1」と類似した働きを持つことから、「サクセンダ」を注射することによって、血糖値の急上昇や食欲を抑制したりして、痩せやすい体質に導くことができます。

「つい食べ過ぎてダイエットしてもうまくいかない」という方にはぜひ試していただきたい方法です。


教えてくれたドクター
御園生 佳奈子医師の顔

湘南美容クリニック 新宿本院外科
御園生 佳奈子医師
ドクターのHP

「GLP-1」が痩せホルモンといわれる理由は?
お腹から腿

「GLP-1」はもともと人間の体内に存在するホルモンの一種です。食事をすると小腸から分泌され、インスリンの分泌を促し、血糖値をコントロールする働きがあります。

「GLP-1」の分泌量は人によって異なりますが、分泌量が少ない方は胃腸での消化吸収が早く、満腹感が得にくいことから、多くの量を食べるようになり太りやすくなります。

「GLP-1」の分泌量が多い方は、その逆の傾向にあるので太りにくいといわれています。

こうした働きを持つ「GLP-1」の製剤を自分で注射することによって、血糖値の急上昇を防ぎ、自然と食欲を抑え、痩せやすい体質に導く方法が「GLP-1ホルモン療法」です。

お腹に注射をする

「GLP-1ホルモン療法」で使われる製剤は?
サクセンダ

出典:湘南美容クリニック

現在、国内のクリニックで使われている「GLP-1ホルモン療法」の製剤として、代表的なものに「サクセンダ」と「ピクトーザ」があります。

サクセンダ…欧米では肥満症治療薬として認可
ピクトーザ…日本国内では糖尿病治療薬として使用

国によって使用目的が違いますが、両方とも「リラグルチド」と呼ばれる成分が入っており、1日1回、医師から指示された量を自分で注射します。非常に細い注射針を使っているので、打つ時の痛みはほとんどありません。

ここがPOINT!
御園生 佳奈子医師の顔

基本的に「GLP-1ホルモン療法」に年齢や体重などの制限はありませんが、基礎疾患などの確認が必要になります。適応可能かどうかは医師が診察をし、血液検査の結果を見て判断します。

Question2
悩む女性

自己流のダイエットで一時的に体重は減っても、筋肉量まで落ち、かえって太りやすい体になる人もいます。「GLP-1ホルモン療法」の場合、脂肪だけ落とすことは可能でしょうか?


Answer2
御園生 佳奈子医師の顔

「GLP-1」は脂肪分解を促進しながら、筋肉に「グルコース(ブドウ糖)」を取り込み血流の増加を促す作用があります。従って脂肪を減らしながら筋肉量を維持することができます。


脂肪を減らし筋肉を維持できる理想的なダイエット!?
ダイエット前後の女性

食事量だけ減らすダイエットは、基本的に脂肪だけでなく筋肉量まで落としてしまいます。その結果、基礎代謝が低下して太りやすい体になってしまうことがあります。

「GLP-1」は脂肪を減らしつつ、筋肉量を維持できる働きがあるので、健康的に痩せるという点において理に叶ったものです。痩身医療機器で落とすことが難しい内蔵脂肪に対しても「GLP-1ホルモン療法」は効果があります。


「GLP-1ホルモン療法」の副作用と継続期間は?
自己注射で使用するアイテム
「GLP-1ホルモン療法」で自己注射する際に必要なアイテム。
湘南美容クリニックの場合、17日分(毎日注射)初回 ¥24,800、18日目以降30日分(毎日注射)スタンダードプラン ¥59,800 ※価格は全て税込み

出典:湘南美容クリニック

「GLP-1製剤」を投与することによって腸の動きがゆっくりとなるので、副作用として胃のむかつきや便秘、下痢などの症状が出る方がいます。

普通、投与を続けていくうちに副作用は弱まりますが、体調がすぐれない場合は処方されたクリニックに問い合わせの上、受診するようにしましょう。

継続期間は、その方の体の状態や目標などによって変わりますが、開始後3か月間は継続していただくことをおすすめしています。

例えば始めて1か月など短期間でやめた場合、食欲が戻りリバウンドするリスクが高くなります。少なくとも数か月は続けていただき、今までより少ない食事量で済むように体を慣れさせてから中止する方がリバウンドのリスクも低くなります。

ここがPOINT!
御園生 佳奈子医師の顔

「GLP-1ホルモン療法」を行っている間、栄養バランスが偏らないように食事をとることはとても大切です。ただし、使用中止後に食生活が乱れたり、暴飲暴食をしてしまった場合はリバウンドすることがあります。

ドクターからのアドバイス
御園生 佳奈子医師の顔

ダイエットでボディバランスを整えることも大事ですが、まずは健康であることが第一です。「医療ダイエット」といっても大なり小なりリスクはあるので、メリットだけを見ずにデメリットもきちんと確認するようにしましょう。

また注射や飲み薬など、処方されたものは用法、容量をしっかり守り、自己判断で使用することは絶対にしないことです。

「医療ダイエット」は正しく使えば安全でとても効果的です。賢く利用してキレイなボディラインを手に入れましょう!


監修/御園生 佳奈子

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

RELATED THEMES
関連テーマ記事