明日の主役はワタシ
ハウビー
日焼け止めアイテム
[プロが伝授]家にいても日焼けする!?紫外線予防とツヤ肌が叶う日焼け止め3選
1年の中でもっとも紫外線の量が多くなるのは5月から8月にかけて。最近は外出するよりも家にいる時間が多くなった分、UVケアなどしなくても大丈夫だと思っていませんか?そこでメイクのプロに紫外線予防のポイントとおすすめのアイテムを教えてもらいました。ツヤ感もゲットできるから、ノーメイクの日でも最強ですよ♪
Q&A

Question

家で過ごす時間が増えて、毎日ほぼノーメイクでいます。室内でも日焼け止めは塗った方が良いですか?メイクさんが普段使っていて、おすすめのものがあれば教えてほしいです。


Answer

紫外線は家の中にいても窓から入ってきます。紫外線を浴びた肌はシミ、くすみができやすくなるので、家にいる時でも日焼け止めを塗るようにしましょう。

私が愛用している日焼け止めは、トーンアップ効果があって下地にも使えるタイプです。程良くツヤ肌に仕上がるので、マスク用のメイクにもおすすめです。


教えてくれたメイクのプロ
megの顔

Meg.さん

代官山のサロン勤務を経て、2012年からヘア&メイクアップアーティスト、信沢Hitoshi氏に師事。2017年に独立。現在、雑誌、TV、CM、MV、Web広告、ウエディングのヘアメイクなど幅広い分野で活躍中。

インスタ

家の中にいても日焼けする!?
観葉植物

「日焼け止めは外出時に使うもの」という人もいるでしょう。しかし、室内にいてもガラスを通して紫外線は入ってきます。

紫外線にはA波、B波、C波の3種類があります。C波は地上にほとんど届かないといわれていますが、A波、B波は地上に届き、肌の老化を促す要因とされています。

A波…エネルギーは弱いが、肌の奥にじんわり浸透し、日焼けやコラーゲンの老化を引き起こす要因に。曇りの日でも照射量はあまり減らず、室内でもガラスを通過して入ってくる。日焼け止めはPAの数値でA波の予防効果がわかる。

B波…エネルギーが強く、A波と同様に日焼けやシミなどコラーゲンの老化を引き起こす要因になる。雲やガラス窓である程度さえぎられるが、5月がもっとも多いとされている。日焼け止めはSPFの数値でB波の予防効果がわかる。

家の中でも紫外線対策はお忘れなく!5年後、10年後……年を重ねてもキレイな肌でいるためには、日頃のケアが肝心です。そこで私が愛用している、おすすめの日焼け止めを3種類ご紹介します。


ITEM1
UV効果が高く肌がトーンアップするラ ロッシュ ポゼ
ラ ロッシュ ポゼの日焼け止め
ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ ローズ SPF50+、PA++++ ¥3,400(税抜)※スタッフ私物
敏感肌の人にも使え、石鹸で落ちる処方。

普段よく使っているのは、ラ ロッシュ ポゼの「UVイデア XLプロテクショントーンアップ」。SPF50+、PA++++と紫外線予防効果が高い上に、下地機能も兼ね備えた非常に使いやすい日焼け止めです。

この商品を知るきっかけとなったのは、2年前の当時使用していたRMKの「フェイスプロテクター50」が欠品であったため、違うものも試してみたいと思っていたところ、ラ ロッシュ ポゼの商品を発見!ツヤ感が気に入って、それ以来愛用しています。

しっとりした質感で肌を明るく見せてくれるので、休日などノーファンデで過ごす時は、これ1本で済ませてしまうことも多いです。


新色のローズはノーファンデの時も最強!
ラ ロッシュ ポゼの日焼け止め スウォッチ
今年3月発売になった新色のローズは血色感もアップする色味。下地+コントロールカラー+日焼け止め機能と三位一体の優秀アイテム。

家にいる時はスキンケアでしっかり保湿をした後、ラ ロッシュ ポゼの日焼け止めを顔全体に塗り、目の下のクマなど気になる部分はコントロールカラーやコンシーラーでカバーするだけ。

特にファンデーションもパウダーも塗りません。ただし、マスクをつける時はヨレを防ぐために、この日焼け止めを塗った後、フェイスパウダーをつけることをおすすめします。

私は無色タイプを使っていますが、新色のローズは血色感を与えてくれるので、コントロールカラーの代わりにもなり、メイクビギナーさんにも使いやすい色味です。

POINT!
megの顔

日焼け止めは十分に肌を保湿してから塗るようにしましょう。そうすることで肌全体にムラなく塗ることができます。

ITEM2
手を汚さずに塗れるスティックタイプの日焼け止め
資生堂 クリアスティック
資生堂 クリアスティック UVプロテクター SPF50+、PA++++ ¥2,800(税抜)※スタッフ私物   

近所に買い物に行く程度でも、日焼け止めはマストです。そんな時のおすすめは資生堂の「クリアスティック UVプロテクター」。スティックタイプで手を汚すことなく、メイクの上からサッと塗れる点が魅力です。


日焼け止めを塗り直す時にメイクの上からチョイ足し!
資生堂 クリアスティック スウォッチ
UVプロテクターを塗った部分(赤のラインの中)は、ナチュラルなツヤ感が加わったのがわかります。 

この日焼け止めはベースメイクの前に仕込んでも良いですが、私は外出先で日焼け止めを塗り直す時に使うことが多いです。日焼けしやすい鼻、頬など顔の中でも高さのある部分に塗ると、程良いツヤ感でハイライト効果も得られて一石二鳥!

直塗りをした後は、スティックの汚れをティッシュでオフします。べたつきやヨレが気になる人は、使い捨てのスポンジなどにUVプロテクターを少しずつつけて、スタンプ押しの要領でポンポンと塗っていくと良いでしょう。

POINT!
megの顔

特に頬の高い位置は日焼けしやすい部分です。UVプロテクターを塗って紫外線から肌を守りましょう。また、マスクをしている時は人の視線が目元に集中しやすいので、UVプロテクターでツヤっぽく仕上げておくと、紫外線ケアをしつつ美肌に見せることができます。

ITEM3
唇を保湿して紫外線をガード!資生堂のリップグロス
資生堂 リップグロス
資生堂 UVリップカラースプラッシュ マイアミピンク(リップグロス)SPF35、PA+++ ¥2,500(税抜)※スタッフ私物 

顔にしっかり日焼け止めを塗っても「唇のケアは何もしていない」ということはありませんか?唇は顔の他のパーツと比べて、皮膚のバリア機能が弱く、紫外線を浴びると乾燥して皮がむけたり、ひどい場合は赤く腫れたりすることもあります。

紫外線が強くなる5月から夏場にかけては唇のUV対策も大事です。私のお気に入りは資生堂の「UVリップカラースプラッシシュ」。

唇の保湿とUVケアができて、自然なツヤ感が出せます。通常のリップグロスと比べて、べたつきがなく、マスクをつけている時でも落ちにくい点がおすすめ!


無香料で4色展開だからリップとの相性も◎
資生堂 リップグロス スウォッチ
「UVリップカラースプラッシュ」のマイアミピンク。ほんのりピンクに色づくニュアンスカラーがかわいいです♡  

「UVリップカラースプラッシュ」は無香料でオレンジ、ピンク、レッド、無色の4色展開。伸びが良く、つけた後もベタベタしません。また、保湿力に優れており、潤いが長時間持続。他のリップの上に重ねづけしても良いです。


Meg.さんからのアドバイス
megの顔

日焼け止めは、紫外線が強い時期だけ使えばいいわけではありません。UVケアを怠っていれば、その蓄積がいずれシミやシワとなって現れます。

今回は日焼け止めのみ3種類ご紹介しましたが、外出の際は時期に応じて帽子、サングラスの着用も大切です。頭皮や髪の毛はスプレータイプの日焼け止めを使って、髪の生え際から丁寧にケアするようにしましょう。


撮影/芹澤祐介、大根大和、編集部

監修/Meg.

※価格は全て編集部調べ

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

RELATED THEMES
関連テーマ記事