明日の主役はワタシ
ハウビー
アイプチを使う女性
[美容Q&A]絆創膏で二重の癖はつくの?自力で二重にする方法はリスクも多い!?
絆創膏で二重の癖をつける方法が流行っています。コスパが良く、肌に優しいからと絆創膏を使う人も多く、「自力で二重まぶたになりました」という話もネットでよく紹介されています。しかし、この方法で本当に二重ラインが手に入るんでしょうか?二重の整形に詳しい医師に伺いました。
Q&Aロゴ

Question1
悩む女性

日中はもちろん、夜寝る時もまぶたに絆創膏を貼り二重の癖がつくようにしています。この方法で二重まぶたになった人もいますが、続けていれば二重になる可能性は高いですか?

また、こうしてできた二重ラインはシワの一種なんでしょうか?


Answer1

絆創膏などで二重の癖をつけなくても、成長や加齢によって自然と二重になる人はいます。

絆創膏を貼り続けて二重になった場合は、絆創膏の刺激によって、まぶたに老化と似た現象が起き、二重ラインが形成されたとも考えられます。そういう視点から二重をシワととらえる見方は、あながち間違いではないでしょう。


教えてくれたドクター
坂西寛信医師の顔

湘南美容クリニック
渋谷院院長 坂西寛信医師
ドクターのHP

皮膚、脂肪の量、骨格の変化によっても二重ができる!
一重と二重の比較

成長や加齢に伴い、まぶたの皮膚や脂肪の量、筋肉の緊張、骨格などが変化することによって自然と二重になる場合があります。

こうした要素が重なると、絆創膏や二重まぶた形成用のテープ、のりなどを使用していなくても、人によっては二重ラインができる可能性があります。


絆創膏で二重を作る方法が皮膚の老化を早める!?
絆創膏

「絆創膏を貼り続けた結果、二重になった」という方の中には、絆創膏によって、まぶたの皮膚や脂肪に負担がかかり、医学的に老化現象に似た変化が起きて二重ラインが形成された可能性も考えられます。

こうして作られた二重はキレイなラインでないことも多いです。二重の幅が左右非対称であったり、片目だけ二重であったりするケースもあります。


Question2
悩む女性

二重形成用のテープやのりを長く使っていると、かぶれやかゆみが出ることがあります。肌に優しい絆創膏であれば何年使い続けても問題ないですか?


Answer2
坂西寛信医師の顔

二重形成用のテープ、のりに限らず、絆創膏も長い間使い続けていれば、肌に悪影響を及ぼす可能性もあります。結果的に、まぶたがたるんだり、厚ぼったくなったり、ひどい場合は眼瞼下垂のような症状を引き起こし、そのための治療が必要になる人もいます。

従って、こうしたものを長期間常用して二重まぶたを作る方法はおすすめできません。


二重形成グッズ、絆創膏の長期使用は皮膚トラブルの元!?
アイプチで跡をつける

二重形成用のテープ、のりを短期間使用して肌荒れがないとしても、長い間使い続ければ皮膚に悪影響を及ぼすことが想定されます。

一方、医療用の絆創膏は皮膚に及ぼすリスクも少ないといわれていますが、使っているうちに何らかの皮膚トラブルが起きる可能性はあります。

最近はこうした二重形成グッズを使うことで、皮膚がかぶれてまぶたが厚くなり、二重の美容整形を希望されても、先に皮膚の治療をしてからでないと施術できない方が増えています。


絆創膏で二重にしてもまぶたは伸びる!!
眼瞼下垂が起こる仕組み
まぶたの中にある①瞼板(けんばん)とまぶたの筋肉につながる②挙筋腱膜(きょきんけんまく)の接続が弱くなったり外れたりしてしまうと、まぶたを上げる筋肉である③上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)の収縮作用が瞼板に伝わらず、まぶたが持ち上がりにくくなり眼瞼下垂が起きます。

出典:眼瞼下垂が起こる仕組み 湘南美容クリニック

二重形成用のテープ、のりだけでなく、絆創膏による二重形成も頻繁に行っていれば、まぶたの皮膚がたるんできます。たるむ量が多くなると「眼瞼下垂」のような症状が起きて、目を開けづらくなったり、額にシワが寄ったりします。

そうなると年齢が若くてもまぶたを切開して、たるみを取らなくてはなりません。後で埋没法(※1)で二重にしたいと思っても施術が困難になり、切開法(※2)以外の選択肢がない人もいます。

※1 埋没法…超極細の糸でまぶたを留めて、二重ラインを作る方法。腫れが少なく、切らないプチ整形として人気の施術。

※2 切開法…まぶたを切開して脂肪や筋肉の量を調整して二重ラインを作る施術法。


ドクターからのアドバイス
坂西寛信医師の顔

長い期間、二重形成グッズや絆創膏などで二重を作っている人は、まぶたの皮膚年齢が実際の年齢より10歳から20歳くらい老化しているケースが少なくないです。

二重を作る時間やまぶたへの負担を考慮すると、安全な医療機関で埋没法などの施術を受けて、皮膚のストレスをなくしていただいた方がメリットは多いといえます。


監修/坂西寛信

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

RELATED THEMES
関連テーマ記事