明日の主役はワタシ
ハウビー
バビメロのアイシャドウパレット 中身
捨て色を活かして目力アップ!マルチアイシャドウパレットはこう使いこなす!!
最近は8色以上入ったアイシャドウパレットが増えています。でも、色数が多いと全色をまんべんなく使うのは難しいですよね。あまり気に入っていない色味や、嫌いではないけれどほとんど使わない色味がどうしても出てきてしまう。今回はそんなマルチアイシャドウにありがちな捨て色の活用術を紹介します♡
この記事のHowBガール
くうにゃん
美容ライター、コスメコンシェルジュ

たくさんの色味があるのに使わないのはもったいないですよね。捨て色も使い方次第で好みの仕上がりになったり、万能になったりするのでぜひ参考にしてください♪

アイメイクのバリエーションも広がる!捨て色の使い方

使用するアイシャドウ
バビメロ アイシャドウパレット
VAVI MELLO(バビメロ) バレンタインボックス ¥2,500(税抜)※私物

「バビメロ」のバレンタインボックスは、ブラウンベースの色味がそろっているので、12色どの色も合わせやすいところが私のお気に入り♡

くうにゃん メイク顔 顔アップ

俗にいう「底見え」は、「よく使用していてケースの底が見えている状態」なのでお気に入り色を指しますが、「捨て色」はその逆!ほとんど使っていない、または好みでない色を指します。

基本的に「捨て色」はブラックやダークブラウンなど暗すぎる色味や、ブルーやグリーンなどカラフルで普段使いがしづらいカラーが多いです。

早速、捨て色の使い方を3パターンご紹介します♪

HOW TOロゴ

Arrange1
アイシャドウベースとして使う
バビメロ アイシャドウベースに使う色

色味が明るすぎる「白」や「ベージュ」が捨て色の場合、アイシャドウベースとして使用するのがおすすめです。

あらかじめアイホール全体に塗っておくことで、くすみを飛ばして明るい目元へ導いてくれます。このひと手間を入れるだけで、上から重ねるアイシャドウの発色も良くなりますよ!

くうにゃん アイシャドウベース塗る前と塗った後 目元アップ
色むらがなくなってキレイな肌色に♪
ここがPOINT
くうにゃんの顔

くすみはコンシーラーでカバーできますが、二重の線にたまったり、厚く塗るとアイシャドウがヨレやすくなったりします。その点、同じタイプのアイシャドウでベースを塗っておくと、薄膜仕上がりになるのでぴったり♡

Arrange2
色味のニュアンスを変えるために使う
バビメロ アクセントに使う色

「オレンジ」や「ピンク」などのアクセントカラーも、場合によっては捨て色になってしまいます。
「好きな色だけど使いこなせない」という方も多いのでは?

そんな時は、色味のニュアンスをアレンジするために、大きめのブラシを使って上からふんわり薄く重ねるのがおすすめです。

くうにゃん オレンジアイシャド塗る前と塗った後 目元アップ
ダークブラウンシャドウがオレンジブラウンに変化!
ここがPOINT
くうにゃんの顔

今回は淡いオレンジだったのでダークブラウンの上に重ねましたが、濃いボルドーやビビッドピンクなど強めのカラーは、アイシャドウの一番最初に仕込んでおくと肌になじみやすいです。

Arrange3
アイラインのぼかし用シャドウに使う
バビメロ アイラインのぼかし用シャドウに使う色

最後は「ブラック」や「ダークブラウン」など一番暗いカラーの使い方。グラデーションに使うとメイクが濃く見えそうで、特にナチュラルメイク派さんには使い方に困るカラーなのでは?

このようなカラーは、アイライナーをぼかすために使うのがおすすめ。アイラインとアイシャドウの境目を細いチップかブラシでなぞるようにぼかせば、強調的なアイラインがマイルドになって、自然なデカ目に見せることもできますよ!

くうにゃん ブラウンシャドウを塗る前と塗った後 目元アップ
濃くはっきりとしたアイラインがマイルドな仕上がりに!

\完成!/
くうにゃん メイク完成顔

多色パレットを購入する時は、基本的に好きなカラーと同系色が入っているものがおすすめ。同系色であればグラデーションとして使えるので塗り方に困る心配もなく、捨て色が少なくなる可能性が高いです。

捨て色が出てきてしまった時は、ぜひ3つの塗り方を参考にしてください♪

撮影/空山菜摘

※価格は全て編集部調べ

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

RELATED THEMES
関連テーマ記事