明日の主役はワタシ
ハウビー

美容整形コンプレックスを解消したら、メイクも生き方もナチュラルに変わった!
HowBガール
ゆあちゃん

1年半前に美容整形の施術を受けました。それまでコンプレックスの塊だった私が、見た目だけでなく、心のバランスも良くなったと実感しています。
現在、美容部員として活躍している、ゆあちゃんこと下道梨良さん。今の自分があるのも、美容整形がきっかけと言います。
美容整形をしたいと思った中学時代のできごとから、整形後のライフスタイルやメンタルの変化まで、下道さん流の美へのこだわりについて語ってもらいました。
自撮り写真を見る度に気になる部分が増えていった!?
美容整形でキレイになりたい!!」。初めて、そう思ったのは中学生の時でした。携帯電話を持つようになって、友だちと写真を撮る機会も多くなると、自分の顔の大きさが気になり始めたんです。誰かに言われたわけではなかったんですけどね。
そのうち、鼻の形、左右の二重幅、八重歯と気になる部分がどんどん増えていって、ある時「整形したい」と母に相談しました。
母は私の気持ちを受け入れてくれましたが、「まだ中学生で学校も忙しいし、もう少し大人になって考えたら」と。
私は父の仕事の関係で、幼少期から小学校を卒業するまで、韓国で暮らしていました。
「美容大国」といわれる国に長く住んでいた影響なのか、私自身も美容整形に対して抵抗感がなかったし、親も比較的、柔軟な考え方でありました。

韓国では美容整形がお祝いに!?私も20歳直前に施術!
韓国では進学や卒業、就職のお祝いに、親や親戚が美容整形をプレゼントすることも珍しくないんですよ。
私が湘南美容クリニックで施術を受けたのも、20歳の誕生日前日でした。でも、そこにたどり着くまで、時間をかけて、ありとあらゆるクリニックの情報を調べましたね。
湘南美容クリニックを選んだ理由は、経験豊富な先生方がそろっていて、症例数が非常に多かったこと。また、いろんな症例の画像がネット上でわかりやすく公開されていて、自分が理想としていた施術例が多かったこともあります。
私の場合、目、鼻、歯、フェイスラインなどを整形しましたが、すべてカウンセリングで担当の先生方と十分に話し合い、整形箇所と私に合った施術方法を決めていただきました。

気持ちも前向きに!ナチュラルメイクで超時短!!
美容整形で自分の理想を叶えられた時はうれしかったですね。ただ、それ以上に変化を感じたのは、私の気持ちが明るくポジティブになったこと!自分でも驚いたほど……。
施術後、実はダウンタイムが人より少し長かったんです。でも「1か月たてば落ち着くから」と先生に言われた言葉を信じて、前向きに過ごすことができました。
ダウンタイムの時期はまぶたの腫れが残っていて、二重も今より少し幅広だったので、その時しか楽しめないようなメイクにも挑戦しましたよ(笑)。
美容整形の施術から1年半たった今、私のメイクはすごくナチュラル!以前は、自分のコンプレックスを隠すために、ハイライトやノーズシャドウを濃く入れて鼻を高く見せたり、二重の幅もアイテープで調整したりして苦労の毎日でした(笑)。
当時のメイク時間は1時間半~2時間!!そこまで時間をかけないと、自分で納得できる顔にならなかったんです。
今はたったの15分。スッピンで出かけることも多くなりましたね♪フェイスラインもスッキリしたので、髪型も念願のショートにしました。

私にとって美容整形はスキンケアの延長
美容整形の施術を受けてから、メイクをするのが前より楽しくなって、自然とコスメに興味が湧いてきました。
美容部員の道に進んだのも、整形がきっかけです。現在、美容アドバイザーとして、お客様のニーズに合ったスキンケアやコスメを提案しています。
メイクを美しく仕上げるためには、まずベースとなる肌のキメが整っていることが大切です。そういう意味では、美容整形も私の中ではスキンケアの延長。ベースとなる部分を整える選択肢として、美容整形があったという感じでしょうか。
おそらくコンプレックスを抱えたまま過ごしていたら、今の私はなかったでしょう。美容整形を通して自分のコンプレックスを解消できたからこそ、考え方も生き方もしなやかに変わりました。
これからも自分の夢に向かって、いろんなことにチャレンジしていきたいと思います♪
私が紹介した「ブルーラインのアイメイク」もぜひ読んでみてくださいね。これから夏に向けて、おすすめのメイク方法ですよ♪


撮影/大根大和
ヘア&メイク/大屋愛海

RELATED THEMES
関連テーマ記事
RECOMMEND TOPICS
編集部オススメ記事