明日の主役はワタシ
ハウビー
ANNAバストアップ

[ドクター教えて!!]切らずに二重になれるプチ整形「埋没法」は何歳から受けられるの?
HowBガール
ANNA
河﨑 杏奈さん


私の場合、本当は成人式までに埋没法で二重に整形したかったんですが、経済的な理由もあって21歳の時に施術を受けました。
切らずに二重になれることから人気の埋没法ですが、未成年でも施術は可能なのでしょうか?ドクターに聞いてみました。
Q&A Question
Questioner
メスを使わずに二重になれるプチ整形「埋没法」。最近では中高生からも関心が高いと聞きますが、実際は何歳から受けることができるのでしょうか?
Answer
保護者の同意があれば、中学生ぐらいから可能です。一般的に、目の周りの骨の成長が止まれば、二重の整形は可能といわれています。
doctor
教えてくれたドクター
湘南美容クリニック 池袋東口院 院長
エリア総括ドクター 兼 術指導医
古澤雅史 医師
成長過程かそうでないか」がポイント!
ANNA指さしポーズ
プチ整形の埋没法が一般的に知られるようになってから、中高生の間でも「二重になりたい」と希望する女の子が増えているそうです。

ただ、子どものうちは成長して顔の造作が変わる可能性があるので、成長しきっていない状態で埋没法を受けると、骨の成長を阻害するリスクがあるので注意が必要です。

また、施術を受けた場合、術後1週間は目を触らないようにするなど、アフターケアの意識を自分できちんと持てるかどうかも条件のひとつとなります。

埋没法の施術は中学生以上であればOK
ANNA OKポーズ
目の周りの骨の成長は大体10歳までといわれていますが、埋没法の施術には麻酔が必要ですので、身体への負担も考える必要があります。

特に埋没法の施術は、局所麻酔で意識がある状態で行うため、痛みへの耐性や施術中に頭と体を動かさないでいられるかどうかが基準となります。
ちなみに湘南美容クリニックでは中学生以上であれば、埋没法の施術は可能としています。

アイテープ二重のりの長期使用は危険がいっぱい!?
ANNA バツのポーズ
「二重になりたいから」といって、アイテープや二重用のりを使っている人もいますが、皮膚への負担は予想以上に大きなものです。

目の周りの皮膚がかぶれ赤くただれたり、まぶたの皮膚が伸びたりした場合、まぶたがさらに腫れぼったい状態になる可能性もあります。

未成年でも埋没法は選択肢のひとつ
ANNA 上半身
このようなアイテープや二重用のりによる皮膚への負担を考慮すると、埋没法の施術を受けた方がメリットは大きいといえるかもしれません。

未成年であっても「二重でぱっちりした目になりたい」「もっとキレイな目になりたい」と願う気持ちを否定することはできないからです。

美容整形はコンプレックスを解消するための有効な手段でもありますから、埋没法を選択肢のひとつとして考えても良いのではないでしょうか。
中・高生の時、アイテープ代わりに絆創膏を使っていましたが、かぶれがひどかったです……。絆創膏を切るときに誤ってまぶたをハサミで切ってしまったこともあり、とても怖い思いをしました。
ドクターからの
アドバイス
doctor
古澤雅史医師
未成年の場合でも、成長過程でなければ埋没法のデメリットはないといって良いでしょう。ただし、保護者の方とよく話し合い、医師のカウンセリングをしっかり受けた上で、決められることをおすすめします。
撮影/大根大和
ヘア&メイク/金沙知


RELATED THEMES
関連テーマ記事