明日の主役はワタシ
ハウビー

[ドクター教えて!!]次々とできる顔のニキビの原因治療法は?
HowBガール
はる

チョコレートを食べ過ぎたりすると、いつもニキビがポツポツとできて困っています。
思春期を終えるまでに多くの人が経験するといわれているニキビ。なぜニキビはできてしまうのか?その原因と治療法について、ドクターに聞いてみました。
Q&A Question
Questioner
きちんと洗顔しているのに、ニキビができてしまうのはなぜでしょうか?
Answer
清潔にすることも大切ですが、洗いすぎや乾燥もニキビを悪化させる原因に。きちんと保湿できる化粧品を選ぶなど、スキンケアを見直すだけでもニキビが改善することがあります。
doctor
教えてくれたドクター
湘南美容クリニック
皮膚科治療責任者
西川礼華 医師
保湿がニキビを治す秘訣?!
ニキビに悩む方を診察しますと、皮膚を清潔にしなくてはいけないということで、洗顔を重視しているけれど、乳液やクリームを使いたくないという人が多いんですね。

でも、実は乾燥はニキビの大敵!肌が乾燥していると、肌表面を保護しようと皮脂の分泌量が増え、毛穴を詰まらせてしまうためニキビが治りにくくなってしまうんです。
ニキビができる原因とは?
では、どうしてニキビができてしまうのでしょう。それには、以下のような原因が考えられます。

・便秘などの腸内環境の悪化
・睡眠不足
・ストレス
・乱れた食生活
・紫外線
・間違ったスキンケア
・遺伝的にニキビができやすい肌質

こうした要因が重なり合って肌に負担がかかった結果、ニキビができてしまうといわれています。

また、男性ホルモンの働きが活発になると、毛穴の皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されて、ニキビができやすくなります。ホルモンバランスが大きく変化する、思春期や生理の前後にニキビができやすいのもそうしたことが原因です。

さらに、毛穴のつまりやアクネ菌の増殖も、ニキビができやすい肌環境をつくります。
市販の治療薬がニキビを悪化させる!?
はるさん
さまざまなニキビの治療薬が市販されていますが、ニキビにも種類があるため、自己判断で使用すると、かえって悪化してしまうこともあります。

早く、キレイに、確実にニキビを治したいのであれば、専門医に相談して個々の状態に合った適切な治療を受けることをおすすめします。
【美容皮膚科での治療方法】
湘南美容クリニックでは、ニキビの状態によって、以下のような方法を組み合わせた治療を行っています。
①ケミカルピーリング
薬剤の力で皮膚の角質層~表皮上層部を剥がれやすくし、肌のターンオーバー(入れ替え)を正常化・促進させます。
②イオン導入
電気の力によって、ビタミンCなどのニキビに有効な成分を、肌の奥にまで効率的に浸透させるものです。
③アクネライト
アクネライトはFDA(米国食品医療品局)の認可を受けた医療レーザーで、ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌する効果があります。
④ロアキュタン(内服薬)
ロアキュタンとは「イソトレチノイン」というビタミンAの一種。皮脂の分泌を抑え、アクネ菌に対する抗菌作用、抗炎症作用に優れており、重度の炎症性ニキビに対して効果があります。
ニキビができると、市販の薬を使っていましたが、あまり効きませんでした。悪化してしまうこともあるなんて、怖い……。今度ニキビができた時は、自分に合った治療法で治したいと思います。
ドクターからの
アドバイス
西川礼華医師

ニキビは炎症が進み悪化してしまうと、クレーターと呼ばれるような凸凹痕や赤みが残ってしまうこともあるため、できるだけ早い段階で治すことが大切です。
撮影/大根大和
ヘア&メイク/金沙知

RELATED THEMES
関連テーマ記事
RECOMMEND TOPICS
編集部オススメ記事