明日の主役はワタシ
ハウビー
涙袋
インスタグラマー発!プチプラコスメで自然な「涙袋」をゲットする方法

HowBガール
春雨ちゃん
あやぽよちゃん
いずみるちゃん
「涙袋メイク」は目を大きく、かわいらしく見せたい女子にとって必須テク。今回は、ぷっくりと愛らしい「涙袋」を叶える「こんな方法があったんだ~!」を紹介します!
基本の「涙袋メイク」をおさらい!
①「涙袋」全体をトーンアップ
まず、鏡に向かって「にっこり」。ぷっくりと浮き上がったところに、自分の肌色より明るい色味のアイシャドウを塗ってトーンアップし、涙袋を演出します。
②「涙袋」に影を入れる
次に、自分の肌色より少し暗めのベージュのパウダーをチップやブラシに取り、笑った時に浮き出た涙袋の影になる部分に、薄く線を描くようになぞり、影をつけることで涙袋を立体的に仕上げます。
ゴールドやベージュ系のシャドウでヌーディーな涙袋に(春雨ちゃん)
春雨ちゃん
私が愛用しているのはマジョリカマジョルカとセザンヌの2種類のアイシャドウです!ナチュラルな立体感を出したいなら、ラメよりパール系のアイシャドウの方がおすすめです。
春雨ちゃんコスメ
右:マジョリカマジョルカの「シャドーカスタマイズGD822」 ¥500(税抜)、左:セザンヌの「トーンアップアイシャドウ ナチュラルブラウン」¥580(税抜)※価格はすべて編集部調べ
ここがPOINT

涙袋といえばホワイト系シャドウ!と思う人もいますが、ゴールドやベージュ系の方がヌーディーで、自然な涙袋がつくれますよ!
まるで本物!?に仕上げる最後のひと手間は“ぼかし”テク(あやぽよ)
あやぽよ
私の涙袋メイクはアイシャドウとアイブロウの2アイテムを使っています。トーンアップのためのアイシャドウは、肌になじむ程度に明るい色を選ぶのがおすすめ!明る過ぎる色を選ぶと、かえって違和感が生まれてしまいます。
あやぽよコスメ
右:マジョリカマジョルカの「ジュエルリングアイズGD886 」¥1,500(税抜)、左:KATE(ケイト)の「デザイニングアイブロウ3D EX-4 ライトブラウン系」¥1,100(税抜)※価格はすべて編集部調べ
ここがPOINT

最後に涙袋と影のラインをブラシやチップでふんわりぼかしてみてください。このひと手間で、より自然な仕上がりになりますよ!
ハイライターやアイライナーでツヤ感をプラスする上級テク(いずみる)
いずみる
いずみる
アイシャドウだけでなく、ハイライターやアイライナーなどを使って、ツヤ感やキラキラ感を加えながら、立体的に見える涙袋をつくるようにしています。
上右:dodoの「ラメライナー」¥533(税抜)、上中:RIMMELの「ショコラスイートアイズ」¥1,600(税抜)、上左:キャンメイクの「クリームハイライター」¥600(税抜)、中:SELFITの「アイラインペンシル」¥400(税抜)、下:BiBoの「アイブロウペンシル」¥400(税抜)※価格はすべて編集部調べ
①黒目の下だけにチップでハイライターを塗り、涙袋に立体感を出します。②影に濃淡をつけます。濃く演出したい部分(私の場合は、黒目の下から目尻にかけて)を、アイブロウペンシルより濃いブラウンのアイライナーで軽くなぞることもあります。
ここがPOINT



アイシャドウやハイライターを塗る時、小さめのチップを使うと粉飛びを防ぎ、キレイに仕上がります!涙袋の影は、全体的に同じ濃さで描くのではなく、部分によって濃さを変えるのがポイント。黒目の下から目尻にかけて他より濃く影を描くと、涙袋を大きくぷっくりと見せることができますよ。
RELATED THEMES
関連テーマ記事
RECOMMEND TOPICS
編集部オススメ記事