明日の主役はワタシ
ハウビー
【脱パンダ目】インスタグラマー発!崩れ知らず「アイライナー」テク

HowBガール
あやぽよちゃん
春雨ちゃん
いずみるちゃん
キレイに仕上げたはずのアイメイクも、時間がたってふと鏡を見ると「パンダ目になっている……」なんて経験ありませんか?今回は、コスメ好きのインスタグラマー3名から“リアル!”に落ちないおすすめアイライナーを紹介してもらいます。

落ちにくいアイライナー……そうはいっても油断は禁物!アイライナーを長くきれいにキープするためのひと工夫を。インスタグラマー3名のおすすめを紹介する前に、まずは基本をおさらいしましょう!
ポイント1
余分な油分や水分はパウダーで抑える
アイライナーを引く前にフェイスパウダーやアイシャドウなどで、目元の余計な油分や水分を抑えておくとアイメイクが崩れにくくなります。
ポイント2
アイラインを太く引きすぎない
目力アップ!と気合を入れてアイライナーを引きすぎても、パンダ目になってしまえば台無しですからね。
ポイント3
リキッドとペンシルを使い分ける
細かく描きたい目尻部分はリキッド、そのほかはペンシルタイプのアイライナーにすることで、アイラインの持ちがグッとよくなります!

☆コシのある筆先と速乾性が魅力のK-パレット1本!(あやぽよ)
私のおすすめは、K-パレットのアイライナー。ほどよくコシのある筆先だから、濃厚な線がしっかり引けます。乾きやすく取れにくい優秀アイライナーです!

K-パレット リアルラスティングアイライナー24h ¥1,200(税抜)

☆極細で繊細なラインを引きたいならコレ!(春雨ちゃん)
 
私がいつも使っているのは、KATEのソフトブラックライナーです。極細で繊細なラインが簡単に引けます。色味も、くっきりとしたブラックではなく、ちょっと控えめで自然なブラックなのがお気に入り!

KATE ソフトブラックライナー ¥800(税抜)

☆落ちにくくコスパもGOOD!(いずみる)
私は2つのアイライナーと1つのアイブロウを部分的に使い分けています。左から順に使っています。①目尻の延長ハネラインを描く。②上まつ毛の隙間を埋める。③目の際を埋めていく。特に②はまつ毛の際を埋めるのに使いやすい!どれも落ちにくくコスパも◎!

左:MISSHA Mリアルラスティング ペンアイライナー ブラック ¥1,000(税抜)、中:KATE スーパーシャープライナーBR1 ¥1,100(税抜)、右:SELFIT アイブロウペンシル ¥400(税抜)


※価格は全て編集部調べ
RELATED THEMES
関連テーマ記事
RECOMMEND TOPICS
編集部オススメ記事