明日の主役はワタシ
ハウビー

[ベースメイク]肌悩み別コントロールカラー選び方使い方!透明感・血色感が出るおすすめコスメも♡

HowBガール
みーしゃ

今回、ご紹介するコントロールカラーは、ひとつ持っているだけでメイクが上手くなる優秀コスメばかり!この機会にトライしてみて♡
「コントロールカラー」って聞いたことはあるけど、どうやって使うのかわからないという方もいるのでは?
そこで肌のお悩み別にコントロールカラーの基本的な選び方から使い方まで、おすすめのアイテムとともにご紹介します♡
コントロールカラーって何?
「コントロールカラー」とは、肌色を補正する機能を兼ね備えた、主に色付きの下地です。色によって肌色の補正効果が異なるので、悩みによっても選び方が変わってきます。
今回はおすすめアイテムを使って、お悩み別の解決方法をご紹介していきます♪

くすみを飛ばして明るく!
ピンクのコントロールカラー
エクセル グロウルミナイザー UV GL01 ピンクグロウ ¥1,700(税抜)※本人私物
コントロールカラーの機能を持つ「グロウルミナイザー」は、皮脂吸着効果によって皮脂崩れも防止してくれる優秀下地♡
「ピンク」は顔色をワントーン明るく変え、くすみを飛ばして健康的に見せてくれる効果があります。
プチプラとは思えない綺麗な色合い。繊細なパールが配合されているためハイライト効果も持ち合わせています。
淡いピンクは肌に馴染みやすく、顔全体に塗っても違和感がありません。
顔色が悪いとい言われる方にもピッタリのカラー。

塗り方のポイント
下地とコントロールカラーが一体化しているので、厚塗りにならず使い方も簡単♡
薄くのばして馴染ませるだけで、パールの発光感が効いて透明感とツヤ感もゲット♪
この上からファンデーションを重ねると、陶器肌のような美しい仕上がりになります♡

 

肌の透明感を引き出す!
ブルーパープルのコントロールカラー
フーミー コントロールカラーベース 左:ブルー 右:パープル 各¥1,800(税抜)※ 本人私物
「ブルー」は黄ぐすみをカバーして透明感を出す効果があり、「パープル」は血色感を与えながら透明感を出す効果があります。
どちらも透明感を引き出す効果がありますが、「ブルー」だと顔色が悪く見えるという方には「パープル」がおすすめ!
赤みが入っているので血色感もプラスされます。

塗り方のポイント
軽めのテクスチャーは顔全体に塗っても問題ないですが、重めのタイプは部分的に!透明感とツヤ感がアップして白肌に見えます♡
くすみの気になる目の下や口周り、立体感の出せるおでこなど、部分的に塗ることで厚塗りを防げます。
部分的に使用する場合は、他の下地と組み合わせて使うとファンデーションがムラなく綺麗につきます。


\色付きだけじゃない! /
スキンケア、下地、コントロールカラーと多機能コスメも♡
マジョリカマジョルカ ミルキースキンマスク ¥1,200(税抜)※ 本人私物
最近話題の多機能下地。コントロールカラー機能を持つ優秀コスメが、マジョマジョの「ミルキースキンマスク」です。
化粧水・乳液・保湿マスク・トーンアップ・化粧下地の1本5役で超時短になるアイテムとして話題になりました。
ムースのようにふわふわ。
水ベースのテクスチャーが肌に馴染んで潤いを与え、トーンアップ効果も。綺麗な素肌に仕上げてくれます。

塗り方のポイント
肌に馴染ませながら顔全体に薄く塗ることで、ブルーの色合いが透明感を綺麗に引き出してくれるので、ファンデーションの仕上がりが格段に良くなります。
使い方はとても簡単ですが保湿効果はあまり高くないので、スキンケアを行った後に使うのがおすすめです。

コントロールカラーを味方につけて!
コントロールカラーをファンデーションの前に仕込むだけでメイクの仕上がりもワンランクアップします。
下地機能をあわせ持つものなら、メイク時間の短縮にもなって一石二鳥♡ぜひ普段のメイクでお試しあれ!

撮影/みーしゃ

※価格は全て編集部調べ
RELATED THEMES
関連テーマ記事